[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

最後の章です-第3部

生きているのはきついんじゃないか?
そういわれた僕は咄嗟に返事ができなかった。

小さい頃から生きることはきついことだった。
なんでここにいるのだろう。きついなあなんて、幼稚園の時にはすでに考えていた。

一風変わった子供だった僕は教室でも少し浮いていた。
今から考えると、表現の仕方が下手だったと思う。
結構きついいじめにもあってきた。


何度自分から命を放棄しようとしたかわからない。
でも死ぬのは怖かったし、なによりその行為には被害者意識が付きまとっていたので
自分をなくしたいというより、僕をいじめたその人たちに後悔させたい思いが強かった。

そんな人生の思い出が浮かんできて、僕は咄嗟に返事ができなかったのだ。


「どうします?」
若い、先生風の青年は重ねて聞いた。
その時、ふと僕の脳裏に、その日の昼、実際に起きた出来事がよみがえったのだ。

僕はその日、ある友人の主宰するワークショップに遅れて参加した。
その際にお互いの緊張感をとくための方法として
見知らぬ女性から突然僕は質問されたのだ。

「あなたの宝物はなんですか?」
「そうですね・・・月並みですが家族です。兄と8匹の動物たち」

この記憶がふとよみがえったのだ。


「あの・・・すみません。僕、今は行けません」
僕は先生に恐る恐る答えた。

「え?だって今までのあなたの記録を見ると、これ以上続けていくのは難しいのではないですか?」
「そうなんですけど・・・でも、やっぱり無理です。すみません。どうしても今は無理です!」
「う~ん・・・」

僕は懇願した。自分の命が惜しいこともあったが、
それよりも今、僕が生きることを放棄すると、兄も8匹の動物たちも本当に困ってしまうのだ。
残されることの悲しさ、つらさは父を亡くしたときに嫌と言うほど思い知らされているし
物理的にも僕が居ないと大変なことになってしまう。


「そうですか・・・そこまでおっしゃるなら」
ようやく先生は口を開いた。

「判りました。ではしばらく様子を見ましょう」
「あ、ありがとうございます!」
「ちゃんと生きていくことの意味はわかっておいでのようですし・・・」
「えっと・・・命は預かったものだと、そして預かる意味があるのだということくらいですが・・・」
「まあ、いいでしょう」

ひとまずほっとしたところに先生はこんな提案をしてきた。

「では様子を見るということで、2日に一回、ここに現状の報告をしにきてくれますか?」
「はい!わかりました!!」

すると先生はこれまでにない厳しい顔で

「必ず2日に1回ですよ。お仕事とかあるんでしょう?。約束できますか?」

僕はしばらく考えたが、できるか?ということではなく、これこそしなければならないことだと思ったので

「はい、必ず」
と答えた。


「わかりました。ではそのように」

先生はカルテになにやら書き付けて、どうやら終了したようだ。

「では次の方、どうぞ」

僕はその頃から目が覚め始め、周りが薄ぼんやりとしてきた。
そして意識が身体に戻り、自分は布団の中で、朝の小鳥の声を聞きながら目を閉じている
そんな状態になったとき

「忘れないで下さいね。2日に1回ですよ」

念押しの声が聞こえてきたのだ。


多分僕は、命を落とさずにまだ生きている道を許されたのだと思う。
それはこんな僕でも、まだやることがあるからではないだろうか。

そしてそれは皆同じことなのだ。
今、生きている、それは必ず意味があるのだ。
だから生きていられるのではないか。

この夢で僕は改めて、命とは一人のものではないことを知らされた。
どうかすると目の前に起きている物理的なことだけに囚われそうになっていたが
ここに書くことで再度考えることができた。

最近は企業の利益追求に関わったりと、いわゆる3次元の生活につかっているが
このことを忘れてはならないと思う。

また、夜が明ける。
でも今日の僕は昨日の僕よりきっと明るい僕でいるだろう。
僕は生きることで
何かをすることができるのだから。



スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

真夜中

歪んだ街


目が覚めてしまった。

もう一度眠くなるのにはしばらく時間がかかりそうだ。
ひさしぶりの真夜中の一人の時間。

パソコンのモニターだけの明るさで足元には猫たち。

最近、建築の仕事を引き受けてから、なんだかひとりになったことがない。
肉体的には一人になっても、頭の中はずーっと建築のプランや企画を考えている。

今日、仕事先で僕の気持ちをおもんばかってくれた人がいた。

「絵、描く時間なくなるじゃない」

うれしかった。
硬くて冷たい石や鉄の中、やさしいコットンに触れたみたいで。

確かにひとりになってなかったなあ。

僕には絶対に必要なもの
ひとりでおいしいお酒と真夜中の時間。

こんな時僕は想像上の恋人に
芝居めいて僕の本当の気持ちを話すんだ。

誰にも話したことのない話。家族にも友達にも。

そうして夜が明けたら
何事もなかったような顔をして仕事に出かける。

一人の孤独と二人で居る孤独
僕はその狭間で生きている。
白黒つけずに曖昧なままで。


Pagetop

[Edit]

さて続きですー第2部

表面の赤土の地層と次の砂地の地層。

僕はこれを入れ替えられたらすごく歩きやすいのにと思ってまず赤土の地層を持ち上げて見たところ、
なんとケーキのスポンジ層をはがすように尺取虫状に持ち上がったのでした。

続いてその下の砂地の地層。これも持ち上がりました。
僕はその赤土と砂地の地層をひねって上下逆にしてみたのです。



粘土状の土はその部分だけがメビウスの輪のようにねじれただけでした。

「やっぱり無理かあ」そう思った瞬間、なんとじわりと地層が動き出し、ねじった先の道も緩やかに上下が入れ替わりだしたのです。

しばらくあっけに取られて見ていると、僕が苦労していた道は歩きやすい砂地の層にねじれて入れ替わってしまいました。

「ラッキィ(^^!!」

僕は嬉々として道を進みました。
そうしてどうやら終点らしい所までたどり着きました。

「ん?」

僕は道の終点で立ち止まりました。なにか、そこには迎えが来ているような気がしていたのに
誰もいないどころか、その先どう進めばいいのか道しるべも何もなかったのです。

「ま、とりあえず行ける所まで行くしかないな」

僕はこっちかな、あっちかなとウロウロしながら先に進みました。
すると目の前に人の行列ができていたのです。

「ここに並んどけばいいのかな?」

僕は行列のしんがりについて様子を観察しました。
皆、行儀よくならんで順番を待っています。

そこへ先頭の方から「次の方どうぞ」というアナウンスが流れ、列が前へ進みました。
と、そこへ、一人減った分を補充するように看護婦さんらしき人が僕の後ろに一人の男性を連れてきたのです。

「あれぇ?、僕の時は誰も付き添いなんていなかったぞ。やはり何かやらかしちゃったかな?」

僕は赤土と砂地の地層を入れ替えて歩きやすくしてしまったのがいけなかったのかな、などと考えていました。
そうこうする内に僕の前にいたおじさんが呼ばれ、ようやく僕の番が回ってくる時となりました。

「次の方どうぞ」

僕は一歩進みました。ところがそこへ看護婦さんに付き添われたおじさんが同じように一歩踏み出し、僕らはぶつかりそうになったのです。

「あ~やっぱり俺が何か間違っちゃったんだ。すみません、どうぞ先に」

僕はおじさんに詫びて道を譲った。

その時、僕らが入ろうとしていた診察室のような所にいた、若いイケメンのお医者さんが
(医者だと思うが最初は白い作務衣を着ていた。いつの間にか半そでのお医者さんのユニフォームに変わったけど)

「いや、いいですよ。並んでいたんでしょ?どうぞどうぞ」と僕を招いてくれたのだ。

僕は並んでいたおじさんにもう一度詫びて先に部屋に入った。そこは普通の病院の診察室そっくりだった。

僕はよろしくお願いしますなどと言いながらイケメン先生の前の丸椅子に座った。


先生は机の上のカルテのような書類を読みながら「ふんふん」とうなずいていたが
「この時、ね?、この時」とカルテを指し示しながら僕に質問してきた。

「この時ウソついてるよね?。なんで?」

僕は正直面食らった。何か診察でも受けるのかと思っていたのに「ウソついてるよね」とは何だ?。
しかし同時に僕はこの場では何があってもウソをついてはいけないと強く感じた。

「え~と、それはそれはですねぇ。。。私自身がプライドが高くてついウソついてしまいました」

僕は恥ずかしくてたまらなかったが正直に話した。

「ふーん、じゃ、これは?。人といらぬ喧嘩をしているけど」
「あ、それも・・・同じ理由です・・・」
「じゃ、これは?」
「あ、それは実は・・・」

僕は質問に冷や汗をかきながら正直に答え続けた。
先生はその合間に
「なんで生まれてきたか、理由わかってる?」とか
「生きている意味は何かちゃんと言える?」などと聞いてくるのだ。

そうして一通り問診が終わったあと、先生は難しい顔をして

「どうしようかなあ・・・」とつぶやいた。

「結構きついのかな?この世界」

「え?」僕は意味がわからず聞き返した。

「いや、生きてることがきついのかなと思って。だって結構無茶してきてるよね」

僕はなんと答えてよいのか咄嗟に判断できなかった。

続きはまた明日。今日はコンタクトの目が乾きまくっています。
今日もすてきな一日でした。うれしい楽しい言葉をかけてくださった人もいました。

みんなホントにありがとう。

おやすみなさい。


Pagetop

[Edit]

これもまた自分で決めることなんだ-第1部

今年の4月1日に夢を見ました。

会合で知り合ったばかりの人に自宅に招かれて
まだ改装中のお住まいを訪ねた夢でした。

広いリビングの向こう側に
なぜかスキーのジャンプ台があるのです。

「あれ、何ですか?」
「ああ、あれはジャンプ台よ。中古のを安く買ってきたの」
「???。・・・まあ、すごい掘り出し物かもしれませんね(^^;」
「そうなのよ。でもどうしたら上手に飾れるのかまだ判らないの。ちょうど良かった。ドミニクさん見て意見を下さらない?」
「・・・はあ、いいですよ」

僕はそのジャンプ台の滑り台の部分を登りだした。
急斜面に雪が積もっていて足がすべるため、勢いよく登らなければ滑り落ちてしまう。
僕はなぜか無意識に般若心経を唱えていた。

しばらく登ると平坦になり、どんどん道幅が狭くなってきた。
ふと下を見ると、そこが見えないくらいの高さである。
下はすべて漆黒の闇。足を滑らせたら一巻の終わりだろう。
足の下はところどころ雑草の生えた、雪でぬかるんだ赤土で
ぬちょぬちょして靴の裏に絡みつく。

僕は実は体育が苦手だった。
いつしか平均台くらいの幅しかない道を危なっかしく歩きながら
「こりゃまずいな」と思った。
いつか僕は足を滑らせてしまうだろう。
なら今のうちになにか自分にできることはないか?。

平均台の幅の道にまたがって僕は休んだ。
腕を組んで考える。何か方法はないのかと。

ふとその道を横から見ると
まるでショートケーキのような地層の断面が見えている。
足が当たる地表は赤土だが、次の層はどうやら砂地らしい。


「この地層が逆だったら歩きやすいな」

僕は表面の赤土の地層を、ケーキのスポンジの層をはがすように持ち上げてみた。
するとどうだろう、赤土の層が持ち上がるのだ。
力技で赤土の層を持ち上げ、くにゃりと尺取虫状態にして次の砂地の層を持ち上げた。


さて、もう眠くなってしまいました。続きは後ほど。

Pagetop

[Edit]

君と出会うなんて

それははるか昔の物語
遠い遠い古の物語

人は、なぜ今回生まれてきたのかを知ることによって
今生のテーマを悟る

ある人は人生の目的を理解する前にこの世から去ってしまった
ある人はこれをしたいのだと願いながら志半ばで去ってしまった

もう一度生まれ変わったら・・・と誰もが思うだろう

テーマは頭で考えなくてもわかる

自分が惹かれるもの、心躍るもの、夢中になるもの
いつも繰り返す同じ過ち、考え方

そういうものだ

前世ブームの元はもともとはこれだった
ほとんど興味本位でしか扱われなくなってしまったが

今生のテーマを悟り、それに沿って歩みだすと
不思議なことに生活やお金の心配は消えていく
それが今生の僕らの「仕事」だからだよ



遠い昔に出会った君
まさかここで出会うとは思わなかった
笑顔も視線も喉の形も
以前とまったく変わっていない

君は気づかないだろう
今生では
僕は君の人生の傍らを通り過ぎるだけだ
でも、君と一緒に戦った時代を忘れない
君と将来を語り合った夜を忘れない

生きていけ
君は君らしく
君がつかむ前になくした以前の人生
もう一度歩みなおして
今度こそ人生のテーマを悟るんだ

自分は何者か
君がそこに気づいたとき
君の本当の人生は始まる

僕は遠くから応援している
それが今生の僕にできる
君への恩返しだ






Pagetop

[Edit]

非力さを感じて

無意識に
人を利用しようとする人がいる

これが無意識だから
罪の意識がない

そんな人たちは
おそらく自己評価が悲しいくらい低いのではないだろうか

不安で怖れでいっぱいで
自分の価値や判断に自信をもてなくて
それで無意識に人の力や立場を利用しようとするのか

長い呪縛から何とか気づいてもらいたかった
深い泥沼から何とか這い出してほしかった
でももう手を引くことにする

友人だと思っていた
おそらく友人だった時間が長かったと信じている
でも時の経過と共に
物事はすべて移り変わる

きっと僕の苦言は
その人にとって雑音でしかないのだろう
僕は非力だ
悲しいくらい非力な人間だ



Pagetop

[Edit]

一瞬で

海のカフェ


仕事の途中でお昼を買いに行くことになり
別の会社の人の車に乗せてもらった

いきなり

「あ~、なつかしいですねえ!」

聞こえてきたのは車のオーディオから流れる
山下 達郎の曲

「やっぱり夏はこれかなあと思って(^^」
同世代のその人はニコニコ笑っていた


一瞬であの頃に戻る

今でも若いつもりだったけど
今の僕は
あの頃のキラキラした思いが薄くなっていた


あの頃はただ、「夏」というだけで
何かが始まりそうな気がしていた

強烈な日差しの下
突然、運命の人に出会ったり

夜の帳が下りる頃
何かドキドキすることが起こったり

そんな予感めいた思いがいつもそこにあった


不器用な恋愛
友達との恋バナ
将来のこと
仕事のこと

いつもそこには「夏」があった


僕らは80年代、90年代に人生の夏を謳歌した世代

お互い、年齢は重ねてきたけど
僕らはまだ若いつもりだ
でも
僕らの中から急速に薄まっていこうとする
キラキラした何かを思い出すとき
「その時間」の大切さを覚えずにはいられない

そして10年後
僕らはまた同じ思いを抱くだろう

その頃にはどんな人生を歩んでいるのだろうか

いつまでもこのきらめきを
忘れずにいたい




Pagetop

[Edit]

7/18 満月

718満月


7/18の満月。時刻は21時過ぎ頃。ショッピングセンターの駐車場より。街灯の光よりやわらかく美しく、稲垣足穂の「黄漠奇聞」の中で、王様が西の空にかかる月を見てあれより美しく存在感のあるものを掲げよと家臣に命じるシーンがあるが、ふとそれを思い出しました。厳かな月の光はこの中の何よりも生き生きとした光を放っていました。

718満月自宅前

これは自宅前の公園の空に浮かぶ月。同じ日の22時頃。漆黒のつやのある空はガラスのよう。そこにほんの少しふちのけぶった月。うれしいよ。本当に。こんなに素敵な世界を楽しんでいられるなんて。


Pagetop

[Edit]

暑~いのは湿気?

湿気実験



先日の続きで建築の仕事をしています。今日は分譲地に待機中。暑いです。

それにしても、自然素材の吸湿力はすごい

現場に自然素材の建具や床材を展示している大型車両が来ているのですが、外気に開放されて暑いにもかかわらず湿気が少なく居心地が良いのです。

ちなみにこの写真は密閉瓶の中に水の入ったコップを入れて、片やビニールクロス、片や桐の板を入れたもの。

こんなに湿度が違うのです。

同じ気温でも体感が全く異なるのは湿度のためなんですね。

皆さんもぜひ生活の知恵として取り入れてみて下さい。

Pagetop

[Edit]

ドラドラキュッキュッ

虫刺されの季節到来である。
あ~憂鬱だあ。

田舎暮らしが大好きなのに
小さい頃から人の3倍以上、蚊に刺されてきた。

花火大会なんて
友人はほんの数箇所「刺されちゃったあ」なんて言ってるだけなのに
僕は数十箇所さされていた・・・(--;。

もうすでにあちこち刺されている。
車で仕事から帰ってきて、玄関入るまでに刺されてしまう。
夏の間は庭の仕事も家族任せ。
夜は網戸にもできない。必ず刺されてしまう。

刺されると
なぜかひどく腫れ上がって熱を持つ。
「あ、それ蚊じゃないよ!」って何人かに言われたけど
普通の蚊に刺されても腫れてしまう。
体質か?。

母からずーっと言われてきた。
「この子は酒飲みになるね」。
一度お酒を断ってみたことがあるが刺されることに変わりはなかった(^^;。

早く秋になってくれえ。

Pagetop

[Edit]

予定

手帳s-250




これまでは「予定」ができた時代だった。

いい会社に勤めるために勉強して
いい大学入って。

お金はこのタイミングで入ってくるから
今欲しいものを買って夏のボーナスで支払って。

何年も先まで見通して
スケジュールを立てることのできる時代だった。

現在は少し違っている。

予定していたのにそうならないことが多い。
時間、お金、人との関係etc。

年金についての大騒ぎは記憶に新しいが
これって一概に国のせいだけにだけないんじゃないかな。

今までみたいにまっすぐな道があるだけの
3次元の世界じゃなくなったんだよ。

「これを予定していたのに!」
最近、僕自身もショックを受けたことがある。

でも良く考えたら
それは絶対的な「予定」じゃないんだよ。
被害者意識に囚われると誰かのせいにしたくなるけど
「絶対」というものは元々存在しないんだ。

自分の気持ちさえくらくら変わるんだから
「予定は未定」くらいの気持ちでいいと思う
もし、予定が遂行されず困ったなら
「これは俺の人生。何とかしてやるぞお~」なんて気持ちの角度を変えて
早いとこ主人公の座を取り戻すことに尽きるね。


Pagetop

[Edit]

設計コンサルタント

和水の杜s-350




うーむ・・・。

封印していた職種が舞い戻ってきた。

10数年続けて疲れ果ててやめてしまった仕事だった。
でも嫌いになれなくて、ついつい人の仕事に口出ししたりしていた。

まさかこんな形で戻って来ようとは・・・(--;。


ある会社の企画兼設計コンサルタントを引き受けてしまったのだ。
昔の彼女に仕事先でばったり出会った気分。


ただ
当時とは少し変わった僕が居る。

愛しているからこそ、こだわりがあるのだと思っていたあの頃。
何もかも自分の色に染めたかった。

ガキんちょだったよな・・・(^^;。


しかし、偉そうに言いながら
また自分の心に自縄自縛されるかもしれないと
不安を感じる僕も居る。


あの頃は何もかも一緒くただった。
夢中になる喜びと自分の気持ちにこだわりを持つことの違いが良くわかっていなかった。

理解したのは「こだわり」とは漢字で「拘り」と書くことを知ってからだ。


しかし僕は本当に理解したのかな。

ひとつだけ解っていることは
当時より自分を突き放して見ることができるようになったということだ。


さて、どうなることやら・・・(^^;。

Pagetop

[Edit]

驚きの吸湿効果

パン実験


すごいものを見つけた。

これはH20.6.3実験開始の2つの水槽。

片方には一般に使用されているビニールクロスと集成材でできた合板のフローリング。
もう片方には桐の無垢材の床と壁。

そこへ水の入ったコップと食パンを入れて実験開始一ヶ月後。

一般のビニールクロスと床の水槽の食パンはもちろんカビだらけ。
なのに桐の床と壁の水槽の食パンは一切変化無しなのだ。

これは空気中の水分を桐材が吸湿してくれるだからだそうだ。

この食パン、腐ることがないという。

もちろん大量の水分を故意に与え続け、桐が水分を吸い込み続けなければならない状態では難しいだろうが、普通の生活の中では、天気の日に吸い込んだ水分は放出され、新たな水分を吸湿するとのこと。

ちなみにカビだらけになった食パンを桐材の箱に移すとカビが消えていくそうだ。

確かに昔の嫁入り道具は桐でできていた。
火事の際、着物の入った桐のたんすに水をぶっかけておけば
たんすは焦げるけど中の着物は無事だということも聞いたし

桐は軽いから水害の時に
流されてプカプカ浮いていたたんすを回収したら
水分でぴっちり締まったたんすのおかげで、中の着物はそれほど汚れていなかったそうだ。

僕らの身の回りにもともとあるもの
それが一番自然な形で、なおかつ強力に僕らを守っていてくれている。

新しい技術の開発も必要なものではあるが
もともとあったものをもう一度見直すと
そこにはすばらしい宇宙の知恵が今も生きているのではないだろうか。

ちなみにこの桐材は

http://www.total-house.co.jp/

で詳しく説明しています。

Pagetop

[Edit]

いのち は ほとけ

大好きな本、般若心経絵本の中にある一節です。

このタイトルで絵を描いています。しばらくお待ちを!。

Pagetop


ブログ内検索

プロフィール

ドミニク

Author:ドミニク
画家、朗読家、アートセラピスト。

福岡県糸島在住。

建築設計コンサルタント、デザイナーの仕事を経て、不思議なめぐり合わせにより、2006年1月から月や星々などから得られる不思議絵と、2006年6月から人間の中に感じられる光や形を描くパッションアートを描き始めました。

昔から本を読むこと、絵を描くことが大好きでした。大学では心理学を専攻し、その後建築デザインへと転向しました。学生時代は素人芝居に熱中していました。コンサルタントの仕事では、人の言葉にならない気持ちを汲む能力を磨くことができました。すべての経験が現在に繋がっています。

最近は、絵を描く際に降って来る言葉を紡ぎ、声を使って朗読する「絵とことばと声の展示会」を行ってます。

2頭のバーニーズマウンテンドックと6匹のメインクーン一家と共に、田舎のアトリエ暮らしを満喫しています(^^。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめBook、Music(^^

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
12972位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
1639位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。