• 200910 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 200912

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

内なる神の輝き

先日、3つの大きなショックが重なって
僕の身体は右腕が軽く麻痺してしまいました。

文字を書くのが指に力が入らず、書きにくいという程度ですが
軽度のストレス障害かなと思います。

この連休はリハビリでした。

不思議なことに

金曜の夜友人が、日曜の夕方あるセミナーの体験会があるということを教えてくれました

それも年に2回しかない体験会が明日あるというのです。

普通なら僕はあまりスピリチュアル系には行かないのですが
心が痛みきっていた僕は参加したいと言いました。
でも、今から参加できるかわからずに、明日の友人からの連絡を待ちました。

土曜の夜、参加時間がメールで連絡があり、それも参加可能かどうか判らない状態だったのですが
できれば行きたいなあと思っていました。

日曜の朝、その友人がTELしてきて、参加申込してくれました。さて、どんな体験会なんだろう。


そしてその体験会で瞑想していたとき
僕は大粒の涙を流していました。

僕が探していたのは他者の愛ではなく、自分自身でした。

見失った自分自身でした。

心がすうっと軽くなり、笑顔があふれてあふれて止まらなくなりました。


インストラクターの人が話しかけてきて
僕が普段からこういう仕事をしていることと、今がとても悲しい状況だったことを話すと
「素地があるから早いですね~」とおっしゃっていろんな話をしました。


今日、朝日が部屋に差し込んで来て
その光で目が覚めた僕はもう一度瞑想をしました。

昨日の続きが知りたかったのです。

集中も何もしていない、およそ瞑想とは言えないものですが
それでもたくさんの答えらしきものが僕の心の中に降り注いで来ました。


見失った自分とは宇宙そのものである

現在の自分も、嫌と思えるような人も宇宙そのものである

例えて言えば、嫌と思えるものは病気をしている細胞のようなもの
全く自分と別ではない

しかし自分という「個」もまた存在する
「個」として見れば、あなたにとって嫌な存在は宇宙の害のように見えるが
「全」で見ればそれらもまた、同じ身体の一部である。

細胞が皆、美しく輝きだすと宇宙全体が輝き始める。
しかし多くの細胞は平均的な光を発しており、暗い光に影響を受けやすい。
そうなると宇宙全体が暗くなる。

各々の細胞である私達は、自らの内なる神性に磨きをかけ
自らを輝かせることが仕事である。
そうすれば近くの細胞も共鳴させることができるからだ。

心の安らいだ人のそばには人が集まってくる。
そしてその安らぎに共鳴し、自らも安らぎの光を発するようになる。

自分から距離的にも精神的にも離れた細胞にエネルギーを送れるようになると
もうあなたは暗い光の細胞に影響されないどころか
その暗い光の細胞にさえあなたの光を届けることができるようになる。

光を発光させる源は「愛」。無条件の愛。

愛せないと思う人もいる。「個」で考えればその通り
しかし「全」で考えればその人もまた同じ身体の細胞である。

あなたは「一緒に道を歩む友人、仲間」という表現をした。

「個」の相手の思いが今のあなたと同調していなければ
今のところあなたが相手に影響を与えることはできないが
それでもあなた自身が本当の安らぎ、愛という光を発していれば
相手もあなたの傍に居ることが心地よくなり
いずれ同じ光に共鳴しだすだろう。

ならばあなたの言う「一緒に歩く友人、仲間」ではないか。

あなた自身の光が増せば今の環境自体が変わるか、別の環境がやって来る。
次のステップに進むことだ。

あなたの仕事はあなたの内なる神を輝かせ、あなた自身が安らぎ、愛に満ち、喜びに満ちることだ。

あなたに与えられた手段を以ってあなたの光を一層輝かせなさい。












スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

自分を大事にするということは

自分を大事にするということは

自分の本当の感情を怖れずに感じてみることです

それがマイナスの感情であっても怖れずに感じてみることです

それをしばらく感じてみてください

あなたの本当の感情が見えてきます

それを相手に伝えるのです

言葉を作らず、素直に思ったとおりに

ただし、相手を変えようとしたり、コントロールしようとしては無意味です

ポイントは自分が感じた本当の感情を伝えるだけです

人は変わりません、自分も変わりません

変えられるのは物の見方だけ

「観自在」とはそういうことです

例え相手が変わらなくても、これまで「どうせあの人はわかってくれない」と思って
我慢をしていた頃よりは気持ちが楽になれるでしょう

そして相手も、あなたが自分を変えさせようとしないので
いつもより素直にあなたの話を聞くことができます

怒りに怒りを以って対決しても火に油を注ぐだけ

怒りの前に自分が感じた本当の感情を思い出すのです

大抵の場合、人はこのように反応しています

まず、本当は相手に取られた態度や言葉に傷ついたはずなのに
それが怒りに変わっていきます

「またこの人は同じ事をする 前もそうだった いつもそう」

そして頭の中で何度も何度もこのシーンをイメージすることで
何回かの経験が何百回にも膨れ上がり、相手から同じ事をちょっとされただけで極端に反応してしまいます

「いいえ、そんなことはありません。いつもあの人はひどいのです」とあなたは言うかもしれません

もしかしたらそれは事実かもしれません

ですが、もし、私の言ったことの可能性があるのなら、一度は実行してみるのも手です

「でも、何か相手に言ったら、きっと相手は感情的になって怒り出したりするかもしれない」

そう、そう思うからあなたは我慢をしてきたのですよね

私もそうでした。だからよく解ります

しかしそれはもしかしたら

自分が最初に感じた感情ではなく、怒りに変わった感情を相手に伝えていなかったでしょうか?

相手の事を「この人は私の話が伝わらないj人なんだ」と自分で選択しながら

あなたの最初の感情は何だったのでしょうか?

さあ、あなたの本当の感情を思い出しましょう

自分を大切にするということは

自分の本当の思いを認めてあげること

そしてそれを手放すことです


Pagetop


ブログ内検索

プロフィール

ドミニク

Author:ドミニク
画家、朗読家、アートセラピスト。

福岡県糸島在住。

建築設計コンサルタント、デザイナーの仕事を経て、不思議なめぐり合わせにより、2006年1月から月や星々などから得られる不思議絵と、2006年6月から人間の中に感じられる光や形を描くパッションアートを描き始めました。

昔から本を読むこと、絵を描くことが大好きでした。大学では心理学を専攻し、その後建築デザインへと転向しました。学生時代は素人芝居に熱中していました。コンサルタントの仕事では、人の言葉にならない気持ちを汲む能力を磨くことができました。すべての経験が現在に繋がっています。

最近は、絵を描く際に降って来る言葉を紡ぎ、声を使って朗読する「絵とことばと声の展示会」を行ってます。

2頭のバーニーズマウンテンドックと6匹のメインクーン一家と共に、田舎のアトリエ暮らしを満喫しています(^^。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめBook、Music(^^

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
6824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
834位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。