[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]




一時期、塩を集めまくっていました。

岩塩、海塩を味見して、気に入ったものだけを集めていたのだが
それでも確か40種類以上有ったと思います。

最近は海塩で気に入っているやつ2種類を主に使い分けてます。


写真左の「慈眼(じげん)の塩」は長崎の平戸島で作られた海塩です。

僕は佐世保で子供時代を過ごしていたので、夏になると両親が平戸へ海水浴に連れって行ってくれたが
それがこの塩を作る海水を取っている「根獅子(ねしこ)の浜」でした。

この浜は過去、キリシタン迫害の場となったことがあり、霊地として里人は浜を裸足で通ったと言われています。


この塩を福岡の友人が使っているのを知った時には驚きましたね。
「え~!!なんで平戸の、それもよりによって根獅子の浜の塩を知ってるんだあ~!!」。

その日以来僕も愛用しています。

幼い日の幸せな記憶がよみがえる・・・そんな塩です。

ちなみにその美しさはGrand Touring Japan  アウトバックで行く日本の旅 根獅子&人津久の浜 とっておきスポットをご覧ください。

http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/touring/specialspot/seaside/nagasaki/neshikohitotsuku/index.htm



もうひとつ、右のはいきなりフランスのペルルドセル(カマルグ産)の海塩。

この塩は海塩と思えないほどまろやかでとげが少ないです。

サラダなどの塩の味がダイレクトに感じる料理には最適です。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



ちなみに
僕の大好きな食べ物の一つは「サンドウイッチ」です。

昔は市販のドレッシングを利用していましたが
どれも味が濃すぎたり、オイルのバランスが気に入らなかったりしたので
個人的な好みのドレッシングを作り始めたのは中学の頃でした。

それからトルコのヨーグルトとニンニクのソース、ベシャメールソース、アメリケーヌソースにはまり
塩を集め始めたのもそのためでした。

現在僕のうちの夕食は週に最低2回はサンドウイッチと赤ワイン(^^。

チーズはノルマンディーのカマンベールが大好きですがいつもいつもというわけにはいかず(^^;。


近くの無農薬のお店から買ってきた有機のサラダほうれんそうやサラダ菜
最近ようやく並び始めた露地物のトマト(うまいんだあこれが)
春菊をバターでソテーしたのをパンにはさんでもおいしいし
軽く漬け込んだキュウリやピーマンのピクルスをつまみに
エビをゆでて殻をむき、お手製のグレープフルーツ香りのフレンチドレッシングに漬けておき
アボガドはこれまたマリネ風に軽くドレッシングして
庭のイタリアンパセリをちぎってきて
好きなスパイスやハーブをテーブルいっぱいに用意して
トルコのヨーグルトとニンニクのソースを始めといた手作りドレッシングの群れと
カシスジャム、そしてブランデー香るマーマレードも合いますよおぉぉぉ!。

さーて乾杯!!。


もちろん料理中もしっかりワインをいただいている僕です(^^。


スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

祈り

祈ろう

世界が
智恵や資源や優しさを愛を
お互いに分け合って

そしてありがとうってみんな心から言って
病気や心の病がうんと少なくなって
みんなで楽しく、人生を生きていく

祈ろう

誰も悲しむものがいない世界
苦しむものがいない世界

自分の責任においての苦しさや悲しみはあるにせよ
開かれた愛と智恵で癒され
癒された人は他の苦しむ人を癒していく世界

もういいよ
苦しいニュースはこれ以上聞きたくない

みんなだってそうだろ?

だからと言って
誰かが悪い
あいつの陰謀だって言ってても始まらないんだ

もう嫌なこと
僕らの中で諦めずに
「嫌なんだ!!」って表現しようよ

そして誰かのせいにばかりせず
自分に今できることを始めていこうよ

僕がさっき話した世界は理想郷で
人間には作れないよと言われるかもしれない

不完全なのが人間だって言われるかもしれない

僕は完全を目指しているんじゃないんだ

みんながその方向を向けば
少しづつみんなが住みやすい世界ができてくると思うんだよ

戦わなくていい
攻撃しなくていい

ただ

「こういうのって僕には辛すぎる。だからこうしたい」

それだけなんだよ。

みんながそう思って、じゃあ自分にできることは何だろうって
考えて実行することから始まるんだよ。

どんなに小さなことでも
実行したことで
「よし、ちょこっとだけどやれたぞ!」って思えるでしょ?

そのうちコツが判ってきたら
同じようなことしてる人にアドバイスしてさ

少し得意になってもまあいいじゃない

教えてもらった人も次の人に教える

お金じゃなくてさ

「ちょっとだけ得意な誇らしい気分」を報酬にしてもいいじゃない

すんごくできるようになったら
先生になってお金もらってもいいしね

ねえ

僕も含めて
行動を始めようよ

今回の
処分された牛や豚たちに
心から祈ります

ごめんなさい

次に君たちが生まれてきたときには
もっと進んだ精神と智恵と技術の僕らになっていようと
人間はみな心の中でそう思っています
だからそうなれるよう努力します

だからどうか

また一緒に生きていこうね


Pagetop

[Edit]

EMの威力~口蹄疫への効果②

先日書いた口蹄疫のことをいろいろ調べていたら、僕が日頃愛用している「EM」がかなりの効果を上げていることが比嘉教授によって報告されていました。


ここにコピペするとすごく長くなるので割愛しますが、読んでいて涙が出て来ました。


比嘉教授は「EM(有用微生物群)」作った人です。どういうものかというと、「EMは光合成細菌をベースに抗酸化作用を持つ乳酸菌や酵母等を軸に様々な抗酸化物質を産生する微生物の複合体として活用されている微生物資材です。米のトギ汁に糖分を加えEMの種菌を添加しペットボトルで密封すれば1~2週間で抗酸化力の極めて高いEM発酵液が誰でも簡単に作ることができます。

 この液を掃除、洗濯、トイレ、お風呂はもとより野菜を洗ったり、加熱する食材に1~3%くらい添加すると、食べ物の安全性をより確実にし機能性を高めることができます。同時に居住環境や衣服も抗酸化的になっていますので病気にならない場を容易に作ることができます」というものです。


このEMのすごいところは、すでに口蹄疫に罹った牛や豚も症状がかなり良くなり、治っているということなのです。

ウイルスの専門家は「そんなことない」と言っているらしいのですが、「かつて、台湾では、500万頭余の豚がこの病気の為に処分されたり、イギリスでも、数百万頭の牛が処分されたのも、この10~15年以内に起こったことです。」「タイのカセサート大学で研究用に隔離された口蹄疫にかかった豚と牛に、EMを飲水や飼料に混ぜ投与した結果、口蹄疫の特有な症状が消え、正常に戻ったのです。」とあります。


なら、動物たちもむやみに命を落とさなくて済みます。


詳しくは  http://dndi.jp/19-higa/higa_27.php に書いてあります。他の文もとてもいいものです。


僕自身EMを使っていて、本来なら人は飲まないでくださいと書いてあるEM1号を薄めて飲んだ2日目、身体がとても軽く、朝の目覚めが気持ちよく、すごく体調が良くなりました(人間用にはちゃんとドリンクタイプのがありますので真似しないでくださいね)。そして活性液を、ドミニクカフェで一度紹介しましたが、米のとぎ汁でせっせと作っていますが、これは掃除、洗濯、庭の樹にあげる、わんこ、にゃんこの飲み水に薄めてあげる(なかなか飲まないやつもいますが(^^;)、など生活の中の洗剤、栄養素の万能薬(と言ってもいいのでは?)とも言えるような使い勝手があるのです。


EM活性液を使うと、台所の排水口の中がほとんど「ドロドロ」にならず、変な臭いもしません。僕は髪の毛を洗うのに天然のオーガニックコットンの布で洗って、洗剤は使いませんが、髪の毛を洗うのにも地肌がすっきりします。


お勧めです(^^。


でも何より、こうやって「現在のペスト」のような疫病に効力があるのなら、一般家庭もぜひ使った方がいいと思う。


専門家の人たちからは「データが不足」「偶然だろう」などの意見もあるようですが、「偶然」は「必然」なのです。
屁理屈をこねる前に、可能性のあるものを何でもやってみようじゃないか、そういう姿勢になれない人々を見ると、農家の苦しみも所詮他人事と言っているようにしか思えません。


僕はEMを販売している訳じゃないのですが、一利用者として、そして口蹄疫でこれ以上動物たちの命を無駄にしないで済むよう祈るものとして、少し乱暴ですがこの記事を書かせていただきました。


※2010年6月22日ギャラリークレセントへ移設。

Pagetop

[Edit]

EMの効力~口蹄疫への効果①

ギャラリークレセントに口蹄疫のことを泣きながら書いて、いろいろ調べていたらEMが効果を発揮していることが分かりました。実際今回の事件では宮崎県えびの市がEMを導入して効果を上げたとのこと。

それも、もう感染した牛や豚も次第に良くなって治っている事例が過去に他の国でも有ったそうなんです。

ならもうむやみに牛や豚が、感染もしていないのに命を落とさずに済むじゃないか!!。


以下は比嘉教授のコメントから

”私のこの提案を実行したえびの市は、感染拡大が止まり、県による清浄化の確認が行なわれ5月27日に半径3km以内の150戸のすべてに異常がなかったという公式な報道があった。引き続いて、6月3日には、3km以内のすべての牛の抗体検査でも異常なしと判明し、6月4日から全地域が移動制限解除となった。今回のウイルスの感染力を考えると、国際的に見ても異例中の異例である。

 この結果に対し、偶然とか運が良かったのでは、という意見もない訳でもないが、それは当初の、えびの市の実態を知らないからである。4月28日に最初の感染が確認され、5月13日までの15日間で4ヶ所に広がり牛352頭豚320頭、合計672頭が感染し、パニック状態となった。私に問い合わせの連絡が入ったのは5月15日である。

 一ヶ所で数頭程度の発生なら、初動の対応で運良く治めることも可能といえるが、今回のウイルスは極めて感染力が強く、また、感染した畜舎と感染しなかった畜舎の距離は、大半が1km内外で、離れていた所でも1,5km、その範囲に150ケ所もあるという、過密状態にあったことを考慮すべきである。

 口蹄疫の感染の至近距離は半径3kmである。このような背景を考えると、「えびの市の奇跡」は、EMなしではあり得なかった事といえる。本件を含め、現在、宮崎県で行なわれているEMのボランティア活動は、農林水産省と宮崎県の関係者にも、すべて報告されており、EMの活用が国や県の方針に反するものでないことも確認済みである。”


専門家の中ではデータ不足などの理由もあって一概には認められないのでしょうが、こういう緊急事態に効き目があるならとにかくやってみよう!という姿勢になるのが普通ではなかろうかと思うのですが。。。


昨日からちょっと怒ったドミニク君の続きです(^^;。詳しくはギャラリークレセントへ。


Pagetop

[Edit]

まだまだあるんだ

暑くなってきましたね~。空気の中にじとじとした湿気。さらさら流れない風。うーん、梅雨到来ですね。

「日本は四季があるからいい」とは言われますが、僕は春と秋が長くて、強烈な暑さや寒さが2~3週間で終わればいいなあ、なんて思ったりします(^^。

それでは農作物に問題が生じるかな。


この前から気になっていること。それは宮崎の口蹄疫の件とミツバチがいなくなっている件です。


殺傷される動物たちのことを考えると悲しくて苦しくて息が止まりそうになります。
同時に農家の方の心中を察すると言葉がありません。

殺傷される牛や豚たちに心から謝りたいと思います。


ごめんね、人間は科学の発達がトップクラスまで行っていて、たいていの病気は治せるところまで行っていると

大抵の人が思っていたら

君たちの命を、まだ感染していない牛や豚の命すら救うことができないほど、僕らは無力なんだ。


僕らは自分たちのこと全然分かっていないのに、いつも偉そうにしてて


以前、どなたかのお話に「牛をビーフ、豚をポーク、鶏をチキンと呼ぶことで、その食べ物がもとは命ある動物だったことに気がつかない子供たちが増えている」という言葉があった


いつも命を僕らに与えてくれているのに


こんなに苦しんでいる君たちに僕らは何もしてあげられない。


ごめんなさい、本当にごめんなさい。


僕らはまだ、成長過程で、科学だって、例えば石油を使えば二酸化炭素を排出するから使わないようにすると言うけど

ほんとに科学が進歩したのなら、二酸化炭素すら出ない、完全燃焼ができるんじゃないだろうか。


ウランだってそう。

もともと地球にあるものなんだから。



人間はどうして頭を使っていろいろできるように生まれたのか。


それはこの地球の、一緒に住んでいる動物や植物たちと気持ちよく生きていくために

智恵を働かすためにそう生まれたんだと思うんだよ。



だから謙虚に、これからもう二度とこんな苦しみは繰り返したくないと思って

自分にできることをやっていこうよ。


僕ら日本人は食事をする前に「いただきます」って言うよね。

「僕のために命を与えてくれてありがとう。君の命をいただくね。その代わり僕はみんなが幸せになれるよう精いっぱい頑張るね」

そういう意味なんだと思います。


また、ミツバチがいなくなっている件だけど

僕は何かの本で「ミツバチがいなくなったら人類は滅びる」と読んだことがある。


そうだよね、受粉できないから被子植物は実を結べず、種を作れず絶えていく。


たくさんのサインが出ていると思う。それをその時は痛みを感じても数年経つと忘れてしまうことが多い。



「日本は輸入に頼っている国で、輸出、輸入を止められたら国はやっていけません」

これは小学の時の社会の授業で聞いた先生のお話。


「日本は中国や東南アジアに、労働力が安いからといって技術を渡してしまい、今抜かれようとしている」


でもまだこんなに問題は山積みです。


この動物たちの病気を治せるワクチン、もうすでに研究されているとは思いますが、まだ日本の技術力がやらなきゃいけないことは沢山あります。


それが世界の市場を助けることになると僕は思います。


だからがんばってほしい、命を無駄にしないために。



※2010年6月19日ギャラリークレセントより移設。

Pagetop

[Edit]

ありがとう

先日ご紹介いただいた方にいろんなお話を伺いました。

その中の一つ「ありがとう」についてのお話がとても印象的だったのでここに引用させていただきます。


「”ありがとう”は漢字で ”有り難し”と書きますね。

その名の通り ”難”が ”有る”のです」。


僕は目からうろこ状態だった。

ありがとうを「有り難し」、つまりまったにない、奇跡である、ミラクルであるという受け取り方はしていたが

”難”が”有る”という解釈を聴いたのは初めてだったからだ。


そうか、”難”が有るから人の優しさや宇宙からの恵みに深く感謝できるんだ。。。

逆に”難”が”有る”のも、めったにない奇跡とも言えるかもしれない(^^。


だってそれがないと気付かないこともありますもんね。


たいていの苦労は自分で生み出していると言われていますが、

”難”があった時こそ、「ありがとう」と言ってみよう。


いつもならひねくれ者の僕が

珍しく素直になれた一日でした(^^。


S先生ありがとうございます。


※2010年6月10日ギャラリークレセントより移設。

Pagetop

[Edit]

幣立神宮 御田植祭





日本の田植えの発祥地と言われる幣立神宮の御田植祭にボランティアとして初参加してきました。


befour2.jpg

そんなに広い田んぼではないのですが、佐賀の気功の会「ドラゴンボール」の方たち約30名と、福岡からは絵のお客さんご夫婦と僕ら4名の参加でした。行くとすでに田んぼは代掻きというのでしょうか、準備が整って穏やかな風に吹かれていました。




befour3.jpg


僕はなにしろ田植えは初めての経験でした。すぐ隣が幣立神宮の東御手洗で、龍神様の池をはさんで田んぼがあります。畦を歩いていると何匹ものカエルが飛び出し、田んぼの中にはタニシが溝を作り、黒いイモリが泳いでいました。
カエルやイモリはまだ何とかなるのですが、僕は長~い胴体の方「長いのさん」と僕がお呼びしている方がとてつもなく苦手で、「この地球に共生しているのは分かっているのですが、どうか出てこられないでください~~~!!!」とお願いし続けでした(^^。



kaisainogi.jpg

準備を整え、しばらくすると幣立神宮の若宮司さんがいらっしゃいました。水天宮の前に並び、御田植の始まりの神事を行われました。田んぼにお神酒をささげ、いよいよ開始です。



totyuu.jpg

途中経過ですが、ロープにしるしの付いたものを張り、そのしるしに合わせて苗を植えていきました。横から見ると並んでいますが、縦からみるとかなり蛇行してました(^^;。「大丈夫」とのことではありましたが。



kyuukei.jpg


休憩です。何人かの方が泥に足を取られひっくり返って泥だらけになりました(^^;。膝までぬかるむ泥に悪戦苦闘し(何しろ身体の向きを変えられないのです)、「はい、後ろに下がって!!」というロープを持つ人からの声に「まだ~!!!」と返事し、よちよち歩きで後退しました。ほんと大変でした~~~。。。


totyuu.jpg


ようやく終わって一息。心地よい風が吹いてきます。神社は、きちんとお参りをすると本当に気持ちのいい風が木々を揺らし始めます。「神様も喜んで下さっているのかな」。でも本当に喜びをいただいたのは僕ら人間でした。



taiboku.jpg


田んぼの傍に立っている大きな木。人との大きさを比較して下さい。この大木もまた、この田んぼと一緒に長い時間を人間たちと一緒に過ごしてきたのでしょう。「地球にやさしく」などというキャッチフレーズがありますが、人間は自然がなければ生きては生きなかった、自然の中の存在なのです。ここの宮司様もおっしゃいましたが、人間の一食分のお米は4粒の米からできるそうです。生きるということの原点に触れたような、そんな一日でした。


Pagetop

[Edit]

「正しいこと」「心地いいこと」

風邪をひいてしまった・・・。

久しぶりにひどい風邪。「なんかきつそうなのが流行ってるな」とは思っていたのですが、まんまと罹ってしまいました(--;。

咳が止まらず、熱が38度位から下がらず、頭痛が続くというもの。ティッシュペーパーを片手に鼻をかみ続け、おかげで耳まで痛くなる始末。。。

こうして文章を打っていても、キーボードのキーの間にクリップが入り込み、いつもならこんなことないのにぃいい(* *;という感じです。

御蔭さまで、このところ沢山おもしろかったことがあったのに(生まれて初めて田植えした。それも幣立神宮の御神田で!)、記事にもできずにいました。できたら後ほどお伝えいたします(^^。


さて、6月に入りました。


今年の一つの決算時期を迎えた気がしています。


このブログを始めたころ、僕は自分の中から出てくる「伝えたい言葉」が沢山あって、自分の心中を中心に文を綴って来ました。

そして数年を迎え、僕はだんだんと「AはBである」「CとDは違う」といったことが無意味に感じるようになり、本当に思い立った時にしかこのブログを書かなくなってきました。


たとえば


「正しいこと」と「悪いこと」。


先日、あるミュージシャンのコンサートに招待され、「これも何かの縁かな」と行ってきました。

そのミュージシャンの方は戦争放棄について強い信念を持ち、強く険しい感情を込めて悲しい歌を歌っていらっしゃいました。


おとといは地雷の埋まっている東南アジアで片足をなくされた方の話を聞きました。


悲しいことばかりです。



ただ、僕が気になってならないのは、


そういう話を「正しいこと」「悪いこと」でカテゴリー分けする受け手の反応でした。


戦争が正しいとは僕も思いません。ですが僕の、まず最初の反応は「悪いこと」というよりも「被害にあった人は苦しみ、痛み、悲しみ、聞く人もまた苦しむ。だから絶対嫌だ!!!」という感情の面での反応です。



みなさんはどうでしょうか。



犯罪の記事を聴くたびに、憎しみの心が生まれてきませんか?。修行の足りない僕は以前はひどいニュースを聴くと吐き気がして、その犯罪者を同じ目に合わせたくなっていました。今でもその気持ちを持つことがあります。


しかし、それが恐ろしいのです。「目には目を」、本来の意味とは違う意味で通用しているこの言葉がまかり通ってしまえば、世界はもっと恐ろしいものになっていくはずです。


だからと言ってすぐに「愛を持って許す」ことができない人もいます。被害の当事者の方などはまさにそうでしょう。



しかしもう少し、マスコミもニュースの表現の仕方を考えてほしい。


僕らはそのひどいニュースを聞いた時、最初に感じたのは憤りだったのか???。

人間関係で信じていた人に裏切られた時、最初に感じたのは怒りだったのか???。



僕が思うのは、本当は「衝撃的な悲しみ」だったと思うのです。



「こんなこと嫌だ!!!」それが戦争や犯罪のニュースに感じているものなのではないでしょうか。


「憎むべき犯人」なんて言葉は余計に犯罪を増加させてしまいかねないのでは?よくあるでしょう、二番煎じ三番煎じの犯罪が。


僕らはひどい悲しみを受けた。

もう絶対繰り返したくない。



「正しいこと」「悪いこと」より

「好き」「嫌い」「心地いい」「気分が悪い」といった感情で表現するほうが

逆に「より正確に」「より安心して」相手に伝わるんだと思うのです。

そして憎しみより悲しみが認識された時、人は平和に前向きに物事に対処できるのではないでしょうか。



あああ。。。

文章がはちゃめちゃだあ。


この記事を書く間に使ったティッシュペーパー10枚以上・・・。今日もお出かけ、明日も一日お出かけなのに早く良くなってくれえ。



Pagetop


ブログ内検索

プロフィール

ドミニク

Author:ドミニク
画家、朗読家、アートセラピスト。

福岡県糸島在住。

建築設計コンサルタント、デザイナーの仕事を経て、不思議なめぐり合わせにより、2006年1月から月や星々などから得られる不思議絵と、2006年6月から人間の中に感じられる光や形を描くパッションアートを描き始めました。

昔から本を読むこと、絵を描くことが大好きでした。大学では心理学を専攻し、その後建築デザインへと転向しました。学生時代は素人芝居に熱中していました。コンサルタントの仕事では、人の言葉にならない気持ちを汲む能力を磨くことができました。すべての経験が現在に繋がっています。

最近は、絵を描く際に降って来る言葉を紡ぎ、声を使って朗読する「絵とことばと声の展示会」を行ってます。

2頭のバーニーズマウンテンドックと6匹のメインクーン一家と共に、田舎のアトリエ暮らしを満喫しています(^^。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめBook、Music(^^

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
6959位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
865位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。