• 201708 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201710

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

愛の妖精

目が疲れているのかな
パソコン画面を見るのがまぶしい

目を大切に
いつも母から言われていたことでした

今の視力は右0.03 左0.1
ソフトコンタクトを常用しています

目を大切にと言われると
不思議と思い浮かべるシーンがあります
なぜか小さい頃からです

それは戦争に巻き込まれて剣を取ったアーティストでした
男の格好をした

周りからは男性と思われていました
ただひとり、僕のことを理解している幼馴染み以外は

くわしくストーリーを知らないのですが
ベルサイユのバラのようなお話で恐縮です(^^;

その話を冗談めかして話したところ
いろんなものを理解しているある人から「きっとそうだよ」と
言われたことがあります

その時に目を悪くし、絵を描けなくなったのではないでしょうか

あー、ブランデーのせいでしょうか
ずいぶんロマンティックなお話になりました

上記の内容に関係ないけど
僕が小学生の時はまったのは「愛の妖精」という本です
ジョルジュ・サンドの作とは知らなかった。

サン・ジョルディで有名な彼女
いろんな人と恋をして
当時女性がしなかったシガレットを吸ってみたり
男装してパーティに現れたり

そんな彼女が書いた純愛の物語
コンチキ号漂流記やコナン・ドイル、
ジョゼフ・ルールタビューに夢中だった僕の前にふと現れた本

僕が恋というものを始めて理解した作品でした

もう一度読み返して見たいと思います
皆さんも図書館などで探してみてください

心の美しさと恋のみずみずしさがあふれている一品です。






スポンサーサイト

Pagetop


ブログ内検索

プロフィール

ドミニク

Author:ドミニク
画家、朗読家、アートセラピスト。

福岡県糸島在住。

建築設計コンサルタント、デザイナーの仕事を経て、不思議なめぐり合わせにより、2006年1月から月や星々などから得られる不思議絵と、2006年6月から人間の中に感じられる光や形を描くパッションアートを描き始めました。

昔から本を読むこと、絵を描くことが大好きでした。大学では心理学を専攻し、その後建築デザインへと転向しました。学生時代は素人芝居に熱中していました。コンサルタントの仕事では、人の言葉にならない気持ちを汲む能力を磨くことができました。すべての経験が現在に繋がっています。

最近は、絵を描く際に降って来る言葉を紡ぎ、声を使って朗読する「絵とことばと声の展示会」を行ってます。

2頭のバーニーズマウンテンドックと6匹のメインクーン一家と共に、田舎のアトリエ暮らしを満喫しています(^^。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめBook、Music(^^

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
6824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
834位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。