• 201705 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201707

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

価値観の見直し

「それって”逃げ”になるんじゃないでしょうか・・・」

最近またこの言葉をよく聞くようになってきました。

現在の苦しい状況から離れることを卑怯なことだと言うように感じているようです。

まあ、確かに”逃げ”であることもあります。
しかしそれは状況によって異なります。


目の前にナイフを持った強盗がいて
そんな時あなたはどうしますか?。


「いや、そんな危機的状況ではないんです。人間関係とか仕事の悩みとかなんですから」。


本当にそう言えますか?。


「逃げる」という言葉からは確かに

・自分が敗北者である
・自分は無能力者である
・楽な道を選んだら罰が当たりそうな気がする


そんなマイナスのイメージが感じられますね。



しかし、自分の身体が本当に「No!」を発している時に
そこに必死に踏ん張って、それでよい結果が出るものなのでしょうか。


「逃げるだけでは自分が納得いかない」。
ではきちんと自分の思いを相手に伝えているのでしょうか?。


かつて資本主義の名のもとに
競争によって人間は繁栄してきました。

しかし今ではそういった価値観はガラガラと音を立てて崩れようとしています。

つかまるもののない社会で何を基準に生きていけばいいのでしょう。


自分の中の価値観をもう一度見直す

そんな時を
間違いなく迎えていると言えると思っています。

スポンサーサイト

Pagetop


ブログ内検索

プロフィール

ドミニク

Author:ドミニク
画家、朗読家、アートセラピスト。

福岡県糸島在住。

建築設計コンサルタント、デザイナーの仕事を経て、不思議なめぐり合わせにより、2006年1月から月や星々などから得られる不思議絵と、2006年6月から人間の中に感じられる光や形を描くパッションアートを描き始めました。

昔から本を読むこと、絵を描くことが大好きでした。大学では心理学を専攻し、その後建築デザインへと転向しました。学生時代は素人芝居に熱中していました。コンサルタントの仕事では、人の言葉にならない気持ちを汲む能力を磨くことができました。すべての経験が現在に繋がっています。

最近は、絵を描く際に降って来る言葉を紡ぎ、声を使って朗読する「絵とことばと声の展示会」を行ってます。

2頭のバーニーズマウンテンドックと6匹のメインクーン一家と共に、田舎のアトリエ暮らしを満喫しています(^^。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめBook、Music(^^

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
8698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
癒し
1118位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。